2階建て以上の住まいはいらない!?平屋を建てる人に特徴などをわかりやすく解説!

高齢になると階段の上り下りが難しくなるため、2階建てより平屋の方が暮らしやすいと言えるでしょう。
家が広いと掃除が大変になり、特に高齢者にとって2階建ての家では、階段の掃除が困難になるというデメリットが考えられます。
一つのフロアに寝室やトイレ、お風呂場やキッチンといった生活する上で不可欠なスペースが完備され、なおかつバリアフリーなら安全に移動することが可能になるため、安心して暮らすことができるといったメリットがあります。

2階建て以上の住まいはいらない!?平屋を建てる人に特徴などをわかりやすく解説!

平屋を建てる人の特徴として考えられるのは、高齢者など足が不自由で階段の上り下りが難しいということです。
今は問題がなくても高齢になって足腰が弱ったときのことを考慮して、平屋の家を選択するシニア世代の方もいます。
若くて元気なときや、子供と同居している人には2階建ての家は魅力的ですが、子供が自立して夫婦だけの世帯や高齢者の世帯では部屋数もそれほど多く必要としないため、掃除や移動が楽な平屋が適していると言えるでしょう。

新築の平屋を建てるときに必要な費用の金額

新築の平屋建ては、2階や3階が無い分地震に強かったり、太い柱が必要ないので建築コストが安いと言う事もあって人気があります。
良い事ずくめのように思われる平屋建てですが、まだ建てた事が無い人のためにどの位の費用が掛かるのか以下であげて説明します。
2階建ての物件と同じ専有面積を建てた場合は、平屋の方が建設に掛かる金額は多くなります。
何故かというと、2階や3階部分を支える太い柱は必要無くなる分安くはなるのですが、逆に1階部分が広くなるためにコンクリートの基礎工事の面積が増えます。
太い柱以上に、コンクリートの基礎部分にお金が必要になるため約1割位建設コストが高くなってしまいます。
それに加えて、沢山の土地を所有していて余っているなら別ですが、1階部分が多くなると言う事は広い面積が必要となります。
さらに日当たりを考えたら、中庭を作ったり隣接家屋から離すために庭が必要となるため土地もセットで買うとその分高くなります。

2階建てよりも短い工期で完成する平屋

何かとメリットの多い「平屋住宅」ですが、工期に関しても2階建て以上の住宅に比べて短くなります。
施工する工務店やハウスメーカーの選択や工法などによって多少の差は出てくるものの、一般的には完成までに14か月から15か月ほどかかるとされています。
しかし、これは建設期間のみの日数ではなくて、打ち合わせ開始から完成後の引き渡しまでにかかるまでの期間を示しています。
また、マイホームはほとんどの方が将来にわたり住むことになる大きな買い物でもあるので、間取りや自分の要望を施工会社に伝えたり、それに伴う資金の調達などに時間を要することとなります。
あくまでも、平屋住宅が2階建て住宅よりも短い期間で建てられるというのは施工会社とスムーズに話し合いが進んだうえでのことだと考えておくとよいでしょう。
納得したマイホームを建てるためには、個人の様々な事情があって住宅購入に至ることもあるかもしれませんが、時間や気持ちに余裕をもっておくことも大切になります。

平屋は一人暮らしにも最適な住まい

賃貸ではない一人暮らしをする場合には、平屋が最適な住まいとして人気になってきています。
平屋がおすすめの理由としては、管理が楽ということが挙げられます。
広い家は掃除が大変であったり、使わない部屋は風通しが悪くなってしまい劣化しやすくなります。
使わない部屋が多いと無駄になるだけではなく、住宅の劣化にもつながっていきます。
対して平屋は1階だけで生活することができ、無駄なスペースも無くなります。
部屋の間取りによっては動線をコンパクトにしたり、バリアフリーにしやすく歳を取っても暮らしやすい家と言えます。
また、自由度が高いのも魅力です。
I・L・コ・口の四つのタイプから選ぶことができ、2階建てでは難しい自分好みの住宅を作れます。
2階がないため天井を高く作ることもできて、ロフトを設けたりするなども可能です。
構造が安定していることから耐久性や耐震性も高く、安全性が高いというのも平屋ならではのメリットとなっています。

快適な平屋を建てるために必要な土地の面積

新築一戸建て住宅を建てる時に、日本は地震が多いので耐震性が強い平屋住宅を建てる人が増えてます。
平屋のメリットは階段がないので、高齢になっても暮らしやすいメリットなどがあります。
また2階や3階を建てるために太い柱を使わなくていいので、安く建てられる事メリットです。
だけど2階と3階が無いため、同じぐらい広い専有面積をキープするためには、その分より広い土地が必要となります。
人によって快適な広さには違いがありますが、おおむね1人にたいして10坪程度の広さが必要だと言われてます。
だから2人暮らしならば建坪20坪必要で、4人ならば約40坪必要です。
それと2階や3階がないので隣近所から少し離れた土地に余裕を持って建てないと日当たりがキープできないので、ある程度の庭が必要となります。
そう考えると建物の3倍以上の広さの土地はあった方が快適で、日当たりも確保できてストレスなく暮らす事が出来ます。
4人暮らしで快適な平屋を建てるためには、最低でも土地面積120坪は必要です。

平屋に関する情報サイト
やっぱ平屋でしょ

高齢になると階段の上り下りが難しくなるため、2階建てより平屋の方が暮らしやすいと言えるでしょう。家が広いと掃除が大変になり、特に高齢者にとって2階建ての家では、階段の掃除が困難になるというデメリットが考えられます。一つのフロアに寝室やトイレ、お風呂場やキッチンといった生活する上で不可欠なスペースが完備され、なおかつバリアフリーなら安全に移動することが可能になるため、安心して暮らすことができるといったメリットがあります。

Search