快適な生活ができる平屋の間取りの特徴

快適な生活ができる平屋の間取りの特徴

平屋といえばメリットとデメリットがはっきりしやすく、いざ間取りを設計しようとすると、難易度が高いことに気がつくのではないでしょうか。
平屋は上下方向の移動や間取りが取り入れられないので、必然的に横移動を考えた間取りになります。
生活における快適性を高めたいのであれば、いわゆる動線を考えて位置関係を設定することが重要です。
動線を無視すれば快適性とは無縁になりますし、逆にイライラすることが増えると思われます。
窓の位置や大きさも、平屋の設計においては重要性が高いポイントで、やはりこれも実際に生活することをイメージしながら検討するのが正解です。
間取りは自由度が高く組み合わせや選択肢が豊富にありますから、迷うのは当然ですし簡単には決められないです。
住み良く不満が出にくい平屋というのは、移動が直線的で部屋間の行き来がしやすく、日常における移動の無駄が少ないのが特徴です。
更にいえば各人のプライバシーが守られ、プライベートも思い思いに過ごせることが挙げられるのではないでしょうか。

平屋住宅で間取りを決めるメリットデメリット

平屋住宅は1階にすべての間取りを集約させることになりますので、2階建てや3階建てなどの住宅とは違う趣があります。
メリットとしては、階段を使う必要がありませんので小さな子供や高齢の方も移動しやすいという点があります。
すべての部屋が同じフロアにありますので、それぞれの部屋からリビングやキッチンなどを行き来しやすく、また将来的に子供が巣立った後で空き部屋が出来た場合も再利用しやすいのは平屋の特徴といえるでしょう。
さらに、平屋は屋根を大きく造ることが可能です。
上階がありませんので、天井を高く造ったりロフトを設置したりして空間を広く活用することもできます。
デメリットとしては、希望の間取りを実現できるだけの広い敷地が必要になるという点があります。
平屋の場合は屋根や基礎部分を広く造ることになりますので、建築工事費が割高になってしまうところもデメリットといえるでしょう。
周辺の住宅や建物が2階建て以上の場合、日当たりが悪くなる可能性もあります。

平屋に関する情報サイト
やっぱ平屋でしょ

高齢になると階段の上り下りが難しくなるため、2階建てより平屋の方が暮らしやすいと言えるでしょう。家が広いと掃除が大変になり、特に高齢者にとって2階建ての家では、階段の掃除が困難になるというデメリットが考えられます。一つのフロアに寝室やトイレ、お風呂場やキッチンといった生活する上で不可欠なスペースが完備され、なおかつバリアフリーなら安全に移動することが可能になるため、安心して暮らすことができるといったメリットがあります。

Search